各支部の紹介

下水道支部

gesui_img01.jpg大阪の地勢は、南から北に延びる上町台地と、その周辺をめぐる低地から成り立っています。何千年もの昔、この上町台地は深い原生林に覆われ、低地には波打ち寄せる入り江でした。長い年月を経て入り江は潟に湖や湿地と変化して、その上に街づくりが行われ、現在の市街地へと移り変わりましたが、上町台地とその周囲に広がる低地という地勢は昔も今も変わっていません。

そのため、市域の90%が降った雨水をポンプで川や海へ排水しなければならず、雨に弱い地形となっていることから、特に浸水対策事業を行うため、各下水道施設は日々休むことなく、市民を水害から守るため職員によって稼動しています。

gesui_img02.jpg古くは、豊臣秀吉の大阪城築城に伴い、基盤の目状に道路が整備され、建物の背中合わせのところに下水溝が掘られました。そして、この下水溝に挟まれた40間四方の区画が町割りの基本となり、この下水溝のことを「背割り下水」または「太閤下水」と呼ばれています。その後大阪市として、1894年に下水道事業を着手し現在に至る中、市域の拡張等に伴い下水道改良事業が行われ、1922年からは都市計画事業としての下水改良が行われました。急激な市勢の発展に伴い下水量も増加し、河川等の水質汚濁が発生したため、下水処理・浄化する必要が生じてきたため、下水道処理計画を策定し1940年には、津守・海老江の両処理場が通水しました。水洗化についても、1977年南区(当時)が全国の市町村・行政区で始めて100%を達成し、現在の大阪市での普及率は、99.9%に達しています。

さまざまな変遷を経て下水道支部は、1971年の機構改革に伴い、1972年9月下水道支部として「直営体制強化」・「労働条件の改善」・「労働衛生体制の確立」等を基本とし旗上げしました。また1992年4月7日下水道事務所から管渠・処理場・抽水所・水質規制など一体的管理をする4管理事務所体制へと、下水道局管理体制がスタートしました。

現在の下水道事業業務

1. 処理場施設の保全・維持管理業務や運転管理業務及び汚泥処理業務等

施設内にある処理設備の分解点検や修繕を始め、施設の保全作業を行い運転管理・データ整理や各省庁からの調査資料の作成や、設計業務など多岐にわたる業務を行っており、施設の維持管理や水質の管理を行っています。

反応槽内の散気板を高圧洗浄機を用いて洗浄する作業員<
反応槽内の散気板を高圧洗浄機を用いて
洗浄する作業員
ボール弁の取替えに伴う点検作業
ボール弁の取替えに伴う点検作業

2. 抽水所(ポンプ場)施設の保全・維持管理業務や運転監視業務等

抽水所職員による、ポンプ開放点検など、抽水所施設内の設備機器の維持管理業務を日夜行うことにより、降雨時には万全の体制で浸水対策を遂行しています。

ポンプケーシング吊り上げ作業
ポンプケーシング吊り上げ作業
ポンプケーシング開放後のポンプ内部
ポンプケーシング開放後のポンプ内部

3. 各下水道センターに伴う、管路施設の保全調査および各許認可業務や、
市民からの排水相談や苦情対応等

下水本管や各家庭からの取付管・道路排水を流入する雨水管等の状態を調査し、道路陥没や下水つまりの防止につとめており、また各種許認可業務に伴う協議やパトロールを行うことで、下水管の保全に努めています。その他、市民からの排水相談及び詰まり解消や下水管補修業務など、下水管の維持管理業務全般を昼夜を問わず行っております。

ハードケーブルカメラを用いての調査作業
ハードケーブルカメラを用いての調査作業
取付管布設替作業
取付管布設替作業

4. 下水道用地に伴う、境界明示測量や各事業所からの排水等の水質調査業務

測量業務は市有水路等多数ある中から、市民からの一般申請や他官庁からの境界明示など水位路整備に伴う境界確認を行っています。水質規制業務は、工場や事業所からの排水を抽水所やマンホール内で水質調査を行い、工場や事業所への指導を行っています。

トランジットを用いての水路内測量作業
トランジットを用いての水路内測量作業
PH計を用い工場からの排水簡易試験作業
PH計を用い工場からの排水簡易試験作業

現在の数多くの下水道施設は老朽化してきており、維持管理における予算が膨大となる中で、職場で働く各組合員が知恵を出し合い、創意工夫しながら下水道施設を守っております。地震対策はじめとした災害対策のために、管渠内を更生工法を用いて古い下水管の延命化を図っており、また処理場や抽水所においては、設備機器の小まめな点検や修繕等を行うなど、施設の延命化に努めています。各家庭が被災し、トイレの使用が不能となった場合、非難場所や非難施設内に災害用トイレの設置を行うことで、常に非常時に備えています。昨今多くなってきている局地的豪雨等の浸水対策においても、常に万全を期して備えています。また環境問題に関心が広がる中、下水道施設から処理される水質の向上や施設を運転するエネルギーの削減等をめざし、施設の改善やISO14001を取得し、下水道事業で行える事を組合員一人一人が考えて取り組んでいます。

最後に市民の「いのち・財産」を守るため、「直営」を基本に日々休むことなく、組合員一丸となり、市民の皆さんに喜んでいただける取り組みを行ってまいります。

このページの先頭へ